パーソナルトレーニングで必要な服装の選び方やポイントについて

千葉駅周辺でパーソナルトレーニングを行う際、ジムで着用するウェアを用意しなければなりません。レンタルする方法もありますが、いずれにせよ動きやすさなどを重視して、取り組みやすい状態をつくることがポイントです。
千葉駅の近くでパーソナルトレーニングのジムを見つけ、そこに通いたいと考えている人もいるでしょう。しかし初めての場合、どのような準備をするべきか分かりにくいです。特に服装に関して疑問を持つ人が多く見受けられます。そこで今回は、服装の選び方について詳しく説明していきます。他に必要な持参物なども紹介するのでチェックしておきましょう。

パーソナルトレーニングで必要な服装とは?

パーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングで使う衣類に関して、難しく考える必要はありません。ユニフォームのようなウェアは存在せず、基本的には自分が気に入っている格好で行っても構いません。ただし、気に入っているというのは、デザインだけの話ではないので注意してください。

活発にエクササイズすることになるため、できるだけ動きやすい上下のセットにすることがポイントです。そう言われても、普通のジャージで良いのではないかと疑問に思う人もいるでしょう。もちろん、動きやすさにおいて支障がないならそれでも大丈夫です。しかし、実際には可動域が制限されるものもあるので確認を要します。

最も分かりやすい方法は両手と両足を広げてみることです。その際に引っかかる感覚があるなら、可動域を制限されている可能性があります。力を入れて伸ばせる場合でも、疲れてくるとストレスを感じやすくなります。何も着ていないような感覚で、スムーズに伸ばせるかどうか確かめてください。やはり引っかかるなら、ストレッチ素材で作られたウェアなどに変更するのが望ましいです。詳細は後述しますが、とにかく運動の邪魔にならないことが条件になります。それをクリアできるなら、服装の候補に入れて差し支えありません。

高級なものである必要はなく、トレーニングしやすいことを優先して選んでください。そうすることでエクササイズの持続力がアップします。適度の休憩は必要ですが、その数を減らせるので一回当たりの効果を大きくできるというわけです。収縮の良さだけでなく、フィット感もチェックしたうえで、総合的に動かしやすいものが最適となります。

パーソナルトレーニングの服装を選ぶときのポイント

パーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングの服装は、動きやすさを重視して選択する必要があります。ただし、それは必須の条件に過ぎず、より良い物を求めるなら以下の2点にこだわりましょう。まず優れた通気性を持っていることがポイントです。

当然ですがパーソナルトレーニングで体を動かしていると、大量の汗をかくことになります。通気性が悪いと、水分が服と体の間に溜まってしまい、不快感を生み出す原因になってしまいます。パーソナルトレーニングを続けるうえで必要なモチベーションの低下につながりやすいです。

一方、生地の風通しが良ければ、速乾性が高まることでそのようなリスクを予防できます。理想的なのは吸水性が良くて汗を逃がさずにキャッチし、さらにそれを短時間で蒸発させる生地です。これが持続的なやる気につながり、パーソナルトレーニングを快適な状態で続けやすくなります。ただし、このようなウェアは一般的に高価であるため、自分の経済状況を考慮したうえで購入を検討してください。資金的に難しいなら、安いウェアを数着用意しておき、それを休憩時間ごとに着替えるという手もあります。

軽視されがちですが、自分が着たいと思うデザインを選ぶことも大事です。なぜなら、パーソナルトレーニングにはハードなプログラムも含まれているからです。そのようなプログラムにも負けずに頑張るには、自分が努力している姿を客観視することが欠かせません。そうしたとき、自分の外観が素敵なら、努力する意欲を喚起しやすくなるでしょう。別の言い方をすると、不格好だとやる気が湧き起こりにくくなります。ですから、視覚的な効果も重視して選択しましょう。

パーソナルトレーニングウェア以外に必要な物

パーソナルトレーニング

トレーニングウェア以外にも持参したほうが良いものがあります。たとえば、水が入ったペットボトルは必須といっても過言ではありません。パーソナルトレーニングでは大量に汗をかくので、しっかり水分補給をしないと脱水症状に陥ってしまいます。ですから、十分な水が入ったペットボトルを持っていくのがセオリーです。

ただし、ジムによっては例外もあるので気を付けてください。水の提供もサービスに含まれているケースもあるのです。ジム側がペットボトルを用意しており、受講生に配布してくれます。もしくはウォーターサーバーを設置しており、自由に飲んで良いシステムにしているところもあるのです。もちろん、そのようなジムでも、自分のペットボトルを持っていって構いません。ですが、荷物を減らしたい場合は省略するのも一つの手です。

他の重要な持参物としてはタオルが挙げられます。トレーニング中に汗を拭きとるために何度も使うことになります。また、終わった後にシャワーを浴びるなら、バスタオルも用意しておくことが大事です。ただし、どちらもジム側が用意してくれているケースもあります。ペットボトルも同様ですが、事前に確認しておくことが大切です。

また、女性の場合は普段使っているメイク用品も持参するのが得策です。トレーニングが終わると、化粧は汗で崩れた状態になっています。マスクやサングラスを装着して変えるという手もありますが、人と会う場合などはメイクをすることになるでしょう。そのための部屋を用意してくれているジムもありますが、いずれにせよメイク用品は基本的に自分のものを使用することになります。

パーソナルトレーニングジムでウェアはレンタルできる?

パーソナルトレーニング

わざわざウェアを自分で用意しなくても、レンタルできるパーソナルジムも存在します。そちらで借りるメリットは品質の優れたものを着用できることです。そのジムのプログラムに最適な仕様のものであり、自分で用意しるときのような失敗のリスクがありません。そう言われてもレンタル代が高そうだと心配する人もいるでしょう。

たしかに基本料金とは別に設定されていることが多く、その分だけ出費が上乗せされることになります。しかし、トータルで見ると損をとはいえない場合も多いです。たとえば、パーソナルジムに入会しても、わずか数回でやめてしまう人も見受けられます。

そうなると、自分で購入したトレーニングウェアは無駄になってしまいます。レンタルで済ませていれば、使用した回数分を支払うだけなので損失は小さいです。また、借りるのは高級なものであり、それを購入しようとすると多くの出費を伴います。

したがって、長く通う場合でも、レンタル代が安く設定されていれば、大きく損をすることはないでしょう。自分に合ったサイズが用意されていることもポイントの一つです。いろいろな人が通っているので、あらゆるサイズを貸し出しています。ショップのように品切れになる心配もなく、いつも自分にぴったりなウェアで取り組めます。

しかも洗濯する必要がなく、いつも新しいものを着用できることもメリットです。シューズについても貸してくれるところが増えてきました。一方、トップスやボトムスをレンタルできるジムでも、肌着に関しては対象外のところもあります。肌に直接触れるため、衛生面や感情面に配慮する必要があるからです。

いざパーソナルジムに通おうとしたとき、多くの人は服装について悩んでしまいます。動きやすさや通気性を重視して自分に適したものを選ぶことが大事です。レンタルできるジムもあるので、最初に問い合わせておきましょう。